「リピート系注文で大成功」が出ないのはなぜか

インターネットを検索すると、真偽のほどは別として、「FXで成功した人」がたくさん出てきます。しかし、「リピート系注文で成功した人」というのは、なかなか見つかりません。なぜでしょうか。

理由を考察してみましょう。

理由1:利益率が高くないから

リピート系注文は、裁量トレード(為替の上下動を読んで取引する方法)に比べれば、利益率が低くなるのは仕方がありません。

例えば、現在の為替レートが100円だったとして、近い将来105円になると予想したとしましょう。裁量トレードならば、一気に買って一気に利食いすることができます。1トレードでドカンと資産を増やせるでしょう。

しかし、リピート系注文は、注文を細かく分割して広い範囲に敷き詰めます。一点集中型ではありません。100円から105円の上昇過程で利食いを繰り返すでしょうが、一点集中で買う裁量取引と比べれば、どうしても爆発力はないでしょう。

すなわち、リピート系注文の億万長者がなかなかいないのは、「資産が大きくなるために時間がかかる」ことが原因かもしれません。

利益率が原因ではなさそう

しかし、リピート系注文は、遅くとも2000年代前半には知られていたトレード手法です。ということは、リピート系注文を継続し、獲得した資金をさらにトレードに投入すれば、複利効果で資金がどんどん大きくなるはずです。

10年、20年と複利運用すれば、1年あたりの資金の増え方はイマイチでも、資金は大きく増加します。

下のグラフは、初期投資額が100万円で資産が毎年10%増加し、その増加分をさらにトレードに投入する場合の資産増加の様子を示しています。

10%複利運用

FXとしては控えめかな?という年率10%であっても、順調にいけば資産はしっかりと増えていきます。

また、世の中にはFXが上手な人が大勢いるので、年率15%で複利運用できる人もいるでしょう。その場合の資産増加曲線は、以下の通りです。

20%複利運用

20年で資金が16倍くらいになっています。100万円の自己資金が極めて大きくなる様子が分かります。

ということは、リピート系注文で成功した人がなかなか見つからないのは、利益率が控えめだからではなさそうです。

理由2:途中でロスカットになるから

リピート系注文で成功者がたくさん出てこない(かもしれない)のは、資産増加スピードが原因ではなさそうです。

資産を増加させるには、以下の2つが必要です。

・利食いやスワップポイントで、資産を増やす
・損切りなどで資産を減らさない

ということは、リピート系注文で大成功者がなかなか出てこないのは、「損切りなどで資産を減らしてしまう人が多いから」だと予想できます。

ただし、トレードをしていれば、損切りを避けて通るのは困難でしょう。利食いできることもあれば、損切りすることもあります。トータルで損切りの額の方が大きいことが問題です。さらに書けば、為替レートの急落時などに一気に損失を膨らませることが問題です。

実際のところ、ゆったり為替(当サイト記事執筆者)も、数多くの失敗を繰り返してきました。一気に多額の損失を出したこともあります。強制ロスカット以外の失敗は全て経験済みだと言えるほどです。

しかし、生き残って現在に至ります。

そこで、よくある失敗のパターンを考察しましょう。これらを実行しなければ、失敗してしまう可能性を減らせるでしょう。すなわち、成功に一歩ずつ近づけるということです。

なお、ここでは失敗のリピート系注文について特集しています。しかし、本質はFXトレードの失敗と同じです。リピート系注文に限りません。そこで、FX全般の失敗例として考えていただき、これらの失敗を避けるようにしましょう。

カテゴリ内記事一覧

FX失敗例:必要な証拠金の額を把握していない

2017/08/15   -失敗パターン

当サイトは、相場予測は難しいという前提から、長期のリピート系注文を中心にお届けしています。そこで、豪ドル/円(AUD/JPY)で長期放置のリピート系注文を始めたとします。 取引範囲は、下のチャートの赤 ...

FX失敗例:トレードの成功を過度に期待しすぎる

2017/08/15   -失敗パターン

リピート系注文は、ボックス相場(レンジ相場)で最大の効果を発揮します。そこで、チャートを探すときは、主にボックス相場になっている通貨ペアを探します。 そんなとき、下の値動きを見つけたとします。米ドル/ ...

FX失敗例:値動きが乏しいとき、注文数を多くしてしまう

2017/08/13   -失敗パターン

リピート系の自動売買は、値動きさえあれば自動で売買を繰り返してくれます。相場が大波乱になったら最高です。大幅下落と大幅上昇を短期間で繰り返せば、大変な約定数となって笑いが止まらないかもしれません。 値 ...

FX失敗例:長期の取引設定を途中で変えてしまう

2017/08/13   -失敗パターン

当サイトでは、超長期のリピート系注文を中心にお届けしています。理由は、相場を読むことは難しいからです。相場を読めないならば、値動き全体に注文を出してしまおうという考え方です。 そこで、長期のリピート系 ...

FX失敗例:「専門家」の意見を尊重しすぎる

2017/08/13   -失敗パターン

皆様は、FXに関する情報をどのように手に入れているでしょうか。FX業者のウェブサイト、ニュースサイト、新聞、雑誌など、様々な媒体があります。 その中では、「FXの専門家」と思われる人々が活躍しています ...

Copyright© 自動売買Labo|FXシステムトレードを徹底検証 , 2021 AllRights Reserved.