自動売買Labo|FXシステムトレードを徹底検証

FXのトレード手法は数え切れないほど存在します。十人十色でしょう。自動売買Laboは、その数多くの手法の中から、FXのシステムトレードについて検証・紹介するサイトです。

システムトレードをご紹介する前に、一つ確認させてください。皆さんは、FXで満足できる成績をあげていますでしょうか。・・・そうでない方が多いのでは?と思います。なぜなら、FXで勝つのは簡単ではないからです。

では、それはなぜでしょうか。最初に「なぜ難しいか」を知っておくと効果的かもしれません。

FXが難しい理由

FXが難しい理由をいくつか考えてみましょう。何かが見えてくるかもしれません。

アナリストや専門家って、信用できる?

ウェブサイト、新聞、テレビ、雑誌。様々な媒体で、専門家の皆さんが為替相場の予想を発信しています。しかし、それは果たして信用できるでしょうか。

専門家と呼ばれる人々の予想をざっと並べてみると、ある人は「これから円安になるだろう」と言い、別の人は「円高になるだろう」と言い、一般の個人投資家もあれやこれやと情報発信し・・・結局、何がなんやらさっぱり分からなくなった経験はないでしょうか。

そして、時間が経過すれば相場予想の当たり外れが分かるわけですが、大外れだった専門家でも、何事もなかったかのように予想を発信し続けます。

アナリストの発信を信用して取引して負けたとしても、その人は責任を取ってくれません。それでも、アナリストの見通しをこれからも信用しますか?

資産運用の勉強をすればよいのだろうか?

では、資産運用について本格的に勉強すれば良いでしょうか。大学には経済や資産運用に関する研究施設があるでしょうし、世の中には投資に関する資格もあるでしょう。

しかし、大学で勉強して資格を得たとしても、トレードは上達しないかもしれません。

  • 大学で教鞭をふるっている経済学の教授は、トレードで稼いでいるでしょうか。
  • 資格を持っている人は、トレードでお金持ちになっているでしょうか。

この質問に対する回答を考えれば、おのずから明らかです。すなわち、難しい理論を勉強しても、必ずしもトレードで稼げるというわけではありません。

自分の感覚を信じても勝てない

アナリストを信じるのはリスクがある、勉強するのは時間がかかる割に結果が不明、だったら自分の直感と経験を信じるのみ!

この方法で突き進むと、順調にいくこともあるでしょう。しかし、どこかで転んでしまいそうです。転んだ時に受け身ができれば良いですが、転び方が悪かったら大けがしてしまうかもしれません。

すると、そのままFX市場から退場になりかねません。

このように考えると、上か下かという選択をするだけで簡単に見えるFXは、実はかなり難しいのだと分かってきます。下のリンク先では、個人投資家がなかなかFXで勝てない理由をさらに考察しています。

FXで個人が勝てない理由

では、個人投資家には明るい未来はないのでしょうか。そんなことはありません。実際に好成績を収めている人もいます。好成績を収めている人の中には、いわゆるスーパートレーダーと呼ばれる人々もいます。

しかし、私たちが彼らと同じように取引するのは、少々難しいかもしれません。

  • 数多くのディスプレイ
  • トレードに多くの時間を費やせる
  • トレードについて惜しみなく勉強できる
  • そもそも相場に対する感性が素晴らしい

こういったスーパートレーダーと私たちを一緒に論じるのは、無理があるでしょう。

例えば、野球の能力について、プロ野球選手と私たちを同列で扱うようなものです。ちょっと現実離れしている感があります。勝負したら、簡単に負けてしまうでしょう。

FXの取引も似たようなものかもしれません。

個人投資家がFXで成功するには

そこで、「普通の人」でもFXで活躍できる方法を考察します。下のリンク先記事で、スーパートレーダーや機関投資家でなくてもFXで生き残る方法を考察します。

個人が機関投資家やスーパートレーダーに対抗する方法

そして、個人が対抗する手段の一つとして、システムトレードの一種であるリピート系注文を検討します。リピート系注文を一言で書けば、一定の値幅で自動売買を繰り返すシステムトレードです。

システムトレードとは

では、システムトレードとは何でしょうか。

システムトレードとは、あるルールに従ってトレードすることを言います。例えば、「月曜日の朝に買って、夕方に売って決済する」というルールに従って取引するのも、立派なシステムトレードです。

自動売買でなくてもシステムトレードと言います。自動売買である必要はありません。

「月曜日の朝に買って、夕方に売って決済する」というルールの中には、相場予想・相場観といった感覚はどこにもありません。ルールに従って淡々と取引を続けます。

システムトレードのメリット

メリット1:利食い・損切りルールの明確化

そもそもシステムトレードは、ルールをはっきりさせるから「システム」なのですが、このルールの明確化が大きなメリットです。ルールを決めておけば、含み益ができたときに、「決済すべきか?もっと待つべきか?」と悩む必要はありません。

同様に、残念ながら含み損になったときも、損を確定させたくないから頑張ろう!・・・と、ガマン大会を開催しなくてもOKです。

メリット2:経験や直感に頼らない

上のメリット1に関連する話ですが、システムトレードなので経験や直感に頼りません。取引のたびに考えなくて良いというのは、とても大きなメリットです。

「今は完璧に買いでしょ!」「どう見ても今は売り!」と100%の勝率を確信できる場面は、ほとんどないでしょう。悩みながらトレードをします。100%完璧と思っても、負けてしまうこともあるでしょう。

この難しさが相場の楽しみでもありますが、いつも悩んでいては途中で挫折するかもしれません。経験や直感に頼らなくて良いのは、大きなメリットです。

メリット3:初心者でも経験者でも同じ結果

システムトレードは最初に設定を考えますが、ひとたび設定を決めれば、初心者でも経験者でも同じ結果を得られます。これも意外に大きなメリットです。

裁量トレードの場合、書籍等に書いてある売買タイミングで売買しようと思っても、初心者と経験者では結果が異なるでしょう。初心者だと、とても緊張してしまったり、「自分は勝てる!」と思い込んで大きく売買してしまったりするかもしれません。

この点、システムトレードだと、感情を入れずに決められた通りに取引すれば大丈夫です。初心者でも取引しやすいでしょう。

以上の通り、システムトレードはメリットが多いですが、外国為替市場は24時間動き続けます。わたしたちはずっと相場を監視するわけにはいきません。そこで、自動売買の登場です。

自動売買とは

自動売買とは、コンピュータによって取引を自動化することです。システムトレードは感情が入り込む余地がありませんから、自動売買にピッタリです。

自動売買が向いている人

自動売買の概念図

私たちの日常を振り返ってみましょう。

朝起きて、ご飯を食べるなど準備をして、出かけて、働いたり勉強したりして、夜帰って、一休みして・・・という生活サイクルを送っている皆様は多いと思います。

そして、働いているときに売買チャンスがやってきた!システムトレードだから取引しなきゃ!

・・・このとき、取引できるでしょうか。多くの場合、できないでしょう。専業トレーダーならできるかもしれませんが。

そこで、取引を全自動化すると便利です。コンピュータが24時間相場を監視して、取引チャンスが来たら即座に自動で取引してくれます。

また、チャートを見ていると「つい」取引してしまうことはないでしょうか。つい取引してしまうというのは、いわゆる「ポジポジ病」と言われる状態です。

負けパターンの典型とされていますので、何とか避けなければなりません。その手法としても、自動売買が向いています。

自動売買が不要な人

一方、自動売買が不要な人も存在します。例えば、自分のトレード手法が確立していて、プラスの成績を継続している場合です。この場合、わざわざ自動売買を導入する必要性は低いかもしれません。

あるいは、自分は絶対に裁量トレードで頑張るんだ!という強い意志を持っている場合も、自動売買は不要かもしれません。それで成功している場合は、自動売買は不要でしょう。

しかし、期待通りの成績でない場合は、自動売買を検討しても良いかなと思います。

リピート系注文とは

そして、当サイトでは、「リピート系注文」を中心にお届けします。リピート系注文はシステムトレードの一種ですが、名前を聞いてもピンとこないかもしれません。リピート系注文の代表格は「トラリピ」です。トラリピなら聞いたことがあるかもしれません。

ここで、リピート系注文の取引手法を簡潔に確認しましょう。

リピート系注文の取引手法

例:
100.00円で買い
→ 101.00円で売り(決済)
→ 100.00円で買い
・・・(以下繰り返し)

特定の為替レートで買って(または売って)、別のレートで決済するという取引の繰り返し。この単純なトレード手法がリピート系注文です。

リピート系注文の容易さと多様性

リピート系注文はシステムトレードですが、移動平均線などのインジケーターを使いません。すなわち、テクニカル分析の負担を大きく減らせます。

そして、こんなに単純なトレード手法なのに、リピート系注文はとても奥が深い超トレード手法です。というのは、デイトレードに対応可能、スイングトレードでも可能、そして年単位でのトレードにも対応しているからです。

当サイト「自動売買Labo」では、リピート系注文の仕組みやメリット・デメリット、そして実戦の様子など、リピート系注文のことならこのサイトを見ればOK!という高品質を目指しました。

多くの有益な情報が満載です。リピート系注文の世界を知り、自動売買によるシステムトレードを思う存分楽しみましょう!

概略を一気読みしたい方へ

当サイトでは様々な視点からリピート系注文を分析しています。しかし、「全部読む時間はないから、結局どうなのかを先に教えてくれない?」という感じで、概略を知りたいという読者の皆様もいらっしゃることでしょう。

そこで、概略をまとめました。こちらを先に読んでいただき、気になった部分については個別ページで読んでいただくと、理解が深まることでしょう。

リピート系注文とは:自動売買のシステムトレード

システムトレードの成功例と失敗例

さて、今まで多くのことを書いてきましたが、それらはすべて頭の中で考えたことです。実際のトレードではありません。本当により良く知るには、現実のトレードでの成功例と失敗例を確認し、その原因を分析するのが良いでしょう。

そこで当サイトでは、リピート系注文の一種であるループイフダンを例にして、公開トレードの成功例と失敗例をひとつずつ紹介します。そして、成功した原因と失敗した原因を考えます。

公開トレードは、臨場感が違います。

ぜひ成功例と失敗例の記事をご覧いただき、比較しながら自分のトレードにどのように応用できるかを考えてみてください。

システムトレードの成功例と失敗例

当サイトが注目するFX業者及びサービス一覧

当サイトで主に扱うFX業者は以下の通りです。各社は、それぞれ特徴的なリピート系注文のサービスを展開しています。比較して、皆様にピッタリのFXサービスを探しましょう!

当サイト独自比較&採点!各FX業者のサービスはこんなに違う!


FX会社の商品特性
各FX口座リピート系注文紹介
各FX会社が提供する自動売買システム(リピート系)の特徴やメリット・デメリットを紹介します。MT4、手入力のリピート系注文も取り上げています。最初にシステムの特徴が一目で分かる「レーダーチャート」による独自採点をご覧下さい。

続きを見る


FX会社の商品特性
自動売買の成功例と失敗例
実際に取引した際の成功例と失敗例について、それぞれ公開事例を取り上げ、なぜ失敗したのか、どういう設定で成功したのかを検証します。取り上げる自動売買システムの例は、リピート系注文の「ループイフダン」です。

続きを見る

Copyright© 自動売買Labo|FXシステムトレードを徹底検証 , 2021 AllRights Reserved.