リピート系FX口座の比較

MT4でリピート系注文ができる!

更新日:

リピート系注文を本当に自由に操りたいと思えば、候補となるのはMT4(エム・ティー・フォー)でしょう。MT4とは、自動売買プログラムを自分で作ることができ、そして実際にそれに基づいて自動取引できるツールです。

MT4はロシアの会社が開発しているシステムで、日本の複数のFX業者で使うことができます。

そこで、自由自在にリピート系注文をしたかったら、MT4を使えばいいのでは?となります。なぜ数多くのFX業者が、独自ツールを公開しているのでしょうか。ユーザーがMT4に集中すれば、各社は独自ツール維持の資金確保さえ大変になるでしょう。

FX各社が独自ツールでリピート系注文サービスを展開できる理由。それは、「MT4は難しい」からです。

ループイフダンのように、とても簡単に取引を開始できて維持管理もアイネット証券にお任せ!というわけにはいきません。

しかし、MT4を少しでも簡単に使えるようにしようと頑張っているFX業者があります。ゴールデンウェイ・ジャパンです。そこで、当サイトではゴールデンウェイ・ジャパンを中心にお届けします。

ゴールデンウェイジャパン(FXTF MT4)

MT4の難しさ

では、MT4の難しさを確認しましょう。そして、ゴールデンウェイ・ジャパンがその難しさをいかに解決しているかを紹介します。

難しさ1:取引プログラムを作ること

MT4では、取引プログラムをEA(エキスパート・アドバイザー、expert advisor)と言います。プログラミング言語を使って自由に取引手法を作れますが、プログラミング言語は日本語ではありません。

コンピュータが理解できる言葉で書いてあげる必要があります。

「移動平均線で買いシグナルが出たら買いましょう」というプログラムを作るだけでも、かなりの知識を要します。移動平均線って何?買いシグナルの定義は?などを、プログラミング言語で書いてあげる必要があります。

間違えたらエラー表示が出てくるだけです。間違いのヒントは出してくれますが、どこをどのように直すかについて自分で考える必要があります。

難しさ2:外部サーバーを契約する?

リピート系注文を受け付けている業者に共通するのは、「ひとたび取引を開始したら、パソコンの電源を切っても自動取引を継続してくれる」ということです。

なぜ、そんなことが可能なのでしょうか。

それは、FX業者がサーバーを準備してくれているからです。私たちユーザーがパソコンの電源を切っても、FX業者のサーバーは稼働を続けます。だから、パソコンの電源を切っても構いません。

信頼度の高いサーバーを24時間稼働させておくには、相応の費用がかかります。私たちがリピート系注文をするために必要な取引手数料の一部は、サーバー維持経費になっているでしょう。

さて、MT4の場合はどうでしょうか。MT4でリピート系注文を24時間継続したければ、2つの方法があります。

  • パソコンの電源を切らない
  • 外部サーバーを借りる

MT4だけでも大変なのに、外部サーバーを借りる必要があるとなると、さらに大変になります。

また、相場が大波乱になっても安定して稼働させるには、相応のスペックが必要です。安価なサーバーもあります。しかし、アクセスが集中するような相場の混乱状態でも安定的に取引したい場合は、安すぎるサーバーは危険かもしれません。

そこで、自宅のパソコンの電源を24時間ずっと入れておくという方法もあるでしょう。こちらの方が安価ですが、うっかり電源が切れてしまわないように気を付けましょう。

  • スリープ機能が動いてしまった
  • 家族の誰かが電源を落としてしまった
  • 停電(これは仕方ないです・・・)

少し気を使いますが、外部サーバーを使うのに比べれば、安価でしょう。

難しさ3:MT4のバージョンアップ

開発元の会社では、常に良い商品開発を目指して努力しています。IT環境は日進月歩で進化しますから、それに適合させる処理も必要でしょう。このため、バージョンアップが頻繁に行われます。

ユーザーにとってほとんど影響のないバージョンアップもあれば、大きなものもあります。

FX業者のリピート系注文サービスならば、私たちユーザーはバージョンアップについて神経をとがらせる必要はありません。しかし、MT4については定期的な確認が必要でしょう。

難しさ4:画面構成

MT4は全世界向けにロシアの会社が作っています。一方、FX業者のリピート系注文は、日本居住者向けに作られています。そこで、私たちユーザーにとっては、MT4よりもFX各社のリピート系注文の方が、画面構成が見やすいでしょう。

MT4を使うユーザーにとっては、この点は仕方ないです。しかし、慣れれば大丈夫です。使っていれば、どこにどんなコマンドがあったか、自然と覚えられるようになります。

ゴールデンウェイ・ジャパンの施策

さて、このような難しさがあるMT4ですが、ゴールデンウェイ・ジャパンは顧客向けにどのような努力をしているでしょうか。確認しましょう。

施策1:ホームページで分かりやすく説明

バックテストをしたいけれど、どうやったらヒストリカルデータをインポートできるんだろう?など、ユーザーが困りそうなことは複数あります。そこで、ゴールデンウェイ・ジャパンでは、ホームページ上に詳しく説明を掲載しています。

この説明があるのとないのでは、ユーザーの満足度は大きく異なるはずです。

検索エンジンにキーワードを入力して探す必要があるか、それともゴールデンウェイ・ジャパンのホームページにアクセスすればOKか。どこの誰が書いたか分からない情報よりも、ゴールデンウェイ・ジャパンの情報の方が、信頼度は抜群です。

下の画像は、説明のメニュー画面の一部です。

FXTF

施策2:オリジナルツールの提供

ゴールデンウェイ・ジャパンは、長年FXの世界で活躍してきました。このため、ユーザーが必要としているだろう機能も把握しています。そこで、MT4に様々なオリジナルツールを投入しています。

これらのツールは、無料で利用可能です。使い方が分からないという心配もありません。ホームページ上で詳しく解説されています。

施策3:リピート系注文もできるし、EAを自分で作る必要もなし

MT4は実に様々な取引ができます。もちろん、リピート系注文もできます。そこで、ゴールデンウェイ・ジャパンはMT4でリピート系注文ができるEAを紹介しています。

自分でリピート系注文のEAを作らなくても良いのです。とても素晴らしいことです。

ただし、このEAはゴールデンウェイ・ジャパンが作ったものではありません(有料で購入することになります)。このため、紹介にとどまっていますが、関心がある方は確認してみてはいかがでしょうか。

-リピート系FX口座の比較

Copyright© 自動売買Labo|FXシステムトレードを徹底検証 , 2021 AllRights Reserved.